英会話

これで一撃!「could/would/ should+have」の使い方まとめ【仮定法過去完了】

jump

はい、バカ英語のKOKI(@bakaeigo1)です!

昔々のお話…

学校の先生
学校の先生
could/would/should have+過去分詞形は『仮定法過去完了』と言います!(ドヤ顔)
KOKI
KOKI
呪文か

 

皆さんも学生時代にこのような呪文を聞いた経験があるのではないでしょうか…!?

そして、このような難解な呪文に苦しめられ、英語に苦手意識を持ってしまった人も多いはず…

しかし!

今すぐこんな呪文は忘れよう!

こんな呪文とっとと忘れた方がすぐに使える英語が身につくんです!

ということで今回は死ぬほど分かりやすく『仮定法過去完了』について解説するよ!!




呪文よさらば!『could/would/ should+have』の使い方

まずは呪文のことは綺麗さっぱり忘れて、以下の解説を呼んでください↓

「あの時こうできたのに

「あの時こうしたのに

「あの時こうするべきだった

これらは全て『could/would/should+have+動詞(過去分詞)』で表せる!

 

視点は全て現在にあり、「過去に〜できなかった」という過ぎた過去の話を現在するので動詞の過去分詞形を後ろに置く!

※呪文「過去分詞形」については後ほど解説するよ!

  • こうしたのに」= 過去の「未来」の話をする
    →willの過去形のwould』
  • こうできたのに」= 過去の「能力」の話をする
    →canの過去形のcould』 
  • ああするべきだった」→ 過去の「〜すべき」という話をする
    should』(現在形も過去形もshouldでOK)

つまり、過去にできなかったことを『〜だったら〜だったのに…』と仮定の話をするのがこのcould/would/should+haveの用法ってことですね!

今はなんとなく理解できればOK!例文を見ればスッキリするはずです
あわせて読みたい
そろそろ覚えない!?「could」と「would」の使い方まとめた【バカでも英会話】はい、バカ英語のKOKI(@bakaeigo1)です! ネイティブは会話の中で、「could」や「would」を頻繁に使うことをご...

呪文「過去分詞形」をおさらい

例文を紹介する前に簡単に呪文「過去分詞形」をおさらい。

動詞の過去分詞形と過去形の違いは、視点が「過去の一点」にある過去形に対して、視点が『現在』にあるのが過去分詞形です!

現在を視点に置いているので、「過去にAという行為をして、現在Bという結果になったという表現になります。

あくまで「Bという現在の結果」について話しているのであって、決して過去の話をしている訳ではないのがポイントです!

過去分詞形なのに現在!わけわからんけどわけ分かろう!(無茶)

『could have』の例文

could haveを使うことで『〜できたのに〜しなかった』という仮定の話をすることができます。

I could have stayed up late, but I went to bed earlier.
(夜更かしすることはできたけど、早めに寝ました。)

I could have applied for Tokyo University, if I had been smart.
(頭が良ければ東大に志願できたのに。)

You could have avoided the traffic jam if you had turned right at the corner!
(あの角を右に曲がってれば渋滞を避けれたのに!)

早速「had」が登場する文なんかもあって少し難しく感じますね。

これは『過去完了』という呪文なんですが(もちろん言葉を覚える必要なし)、単純に『過去よりも前の話をしている』というくらいのニュアンスでOKです。

あまり深く考えず、could haveという仮定を表す文にはhadがセットになることがあると丸覚えするのもいいでしょう。

ちなみに僕の場合はド級のバカなので、頭で考えずに死ぬほど音読を繰り返して体に叩き込んだ後、頭で理解するという順序でした!

結局は子供が言葉を覚えるプロセス『真似をする』が最強だよね




『would have』の例文

would haveは『〜だったら〜したのに』という仮定の話をすることができます。

If I had had enough money, I would have bought that camera.
(十分なお金を持っていればあのカメラを買ってたのに。)

I would have asked you to the party, but I didn’t know your number.
(電話番号を知ってたらあなたをそのパーティーに誘ったのに。)

I would have asked her out, if Mary hadn’t had a boyfriend!
(もしMaryに彼氏がいなかったらデートに誘ったのに!)

could haveの場合は過去の『能力』や『可能性』を表せますが、wouldになると単純に「〜したのに」という意味になります。

日本語にすると微妙なニュアンスの違いですが、would haveは『〜しようとする意志』があるかどうかを表せるので、仮にcould haveを使って「〜できたのに」と言っても、そこにはその行為をできる可能性はあったかもしれないけど、その行為をしようとする意志があったかどうかは表せません。

canとwillのコアの意味が分かれば問題ないね

『should have』の例文

should haveは『〜するべきだった』という仮定の話ができます。

I should have studied harder!
(もっと一生懸命勉強するべきだった!)

I should have checked for their regular holiday!
(定休日を調べておくべきだった!)

He should have arrived on time, but he didn’t.
(彼は時間通りに到着するべきだったけど、到着しなかった。)

couldとwouldに比べてshould haveは意味を取りやすいですね。

「I should have studied harder!」が口癖の人も多いのでは?(やめろ)

まとめ:丸暗記が手っ取り早い(笑)

『仮定法過去完了』という呪文をできるだけ分かりやすく解説してみたつもりなのですが、理解していただけましたか!?

さっきも書きましたが、呪文を全く理解できそうもなかった当時学生だった僕は、ひたすら音読を繰り返して体に叩き込みました。

そしてその後に言葉の意味や文法的な理解をするという、通常とは逆のルートを辿ったわけですね。(むしろこれが正規ルートと思ってますが)




英語って頭で理解しようとするから難しいのであって、まさに『仮定法過去完了』なんて呪文があるからみんな英語が嫌いになっていくんだと思ってます。

英語(というか言葉)はもっと体を最大限に使って習得していくべきものなのに、難しい用語だったりテスト中心にありきの教育スタイルが英語をよりハードルの高いものにしてしまっているんですね…。

少し話がそれましたが、このcould haveやwould haveという表現もぶっちゃけ理解しようとする必要はありません(笑)

とにかく音読して体に叩き込んで実際に使ってみる。

そうすると、これがどういう文法で成り立っているのかなんて知らなくても当たり前のように使えるようになります。

もう一度言いますが、理解する必要はありません。でも体に叩き込んでください(笑)

地味に厳しいこと言うな

KOKIのおすすめオンライン英会話『ネイティブキャンプ

7日間無料体験可能!業界最安値!月額6,480円でレッスン受け放題!

ネイティブキャンプを無料体験してみる