英会話

発音がすぐに良くなる!?英語の「破裂音」をマスターしよう!

アジア人の画像

はい、KOKI(@bakaeigo1)です!

みなさんは自分の英語の発音の悪さにガッカリした経験はありませんか?

録音して聞くとガッカリするよね…

 

英語の発音ってカッコいい!と憧れている人もいると思いますが、そんな人にまず知ってもらいたいのが「破裂音」です!

破裂音を学ぶメリット
  1. 日本語っぽい発音から脱却できる!
  2. めちゃめちゃ簡単!すぐに習得できる!
  3. 習得することでリスニング力もアップ!
前置きとかええからはよ教えて




破裂音ってなんだ

破裂音とは「b, d, g, k, p, t」の6つの音のことで、文字通り破裂するような音のことを言います。

6つの破裂音

  • b(ブッ)、d(ドゥッ)、g(グッ)、k(クッ)、p(プッ)、t(トゥッ


 

分かりやすい例は「pop」という単語です。(破裂音はまさにpop soundと言います)

恐らくpopの発音を日本語にすると「ポップ」とする人が多いと思いますが、実は最後のpは「プ」ではなく「プッ」と発音するのが正しいです。

もう少し分かりやすく書くと、「プ(pu)」ではなく「プッ(p)」という音になります。

まさにこれが破裂音です。

なんか音が弾ける感じ?

破裂音には特徴が2つ

破裂音には特徴が2つあります。

  1. 母音を伴わない
  2. 空気を弾いて吐き出す

popの最後のpはpu(プ)ではなくp(プッ)になると先ほど解説しましたが、このように破裂音は母音を伴いません。

「u」という母音が抜けてpの弾ける音だけが残るイメージです。

母音を発音してしまうと一気に日本語っぽい発音になってしまうので注意です!

日本語で母音を伴わないのって「ん」くらいだよね




もう1つのポイントは「空気を弾いて吐き出す」ことです。

発音する直前に口の中に一瞬空気をためて、発音する時に口先で一気に溜めた空気を弾き出します。

細かく言うとそれぞれの音によって破裂音の出し方は変わってきますが、「空気を弾いて吐き出す」ことさえ意識すればそこまで難しいテクニックではありません。

この破裂音が出せるようになれば逆に母音を伴わせることが難しくなるので、一気に発音が改善されます。

実際にやってみるとすぐに分かると思いますよ

練習してみよう

単語だけの練習が終わったら次は文章を読んでみてね




まとめ

このように破裂音はすぐに習得することができる比較的簡単な発音テクニックです。

発音が良くなることはもちろんですが、破裂音を聞き分けるのは簡単なためリスニング力アップにも役立ちます。

破裂が聞こえたら6つの音しかあり得ないってことだもんね

 

ちなみに英語の発音に関してですが、ぶっちゃけ発音を気にし過ぎる必要は全くありません。

むしろ発音を気にし過ぎて英語を喋ることから遠ざかってしまうことの方が問題なので、誰に何を言われようが発音に関してナーバスになる必要はないです。

日本語っぽい発音で話すことが恥ずかしいことなんてないので!

世界には色んな英語を話す人がいますからね

 

ただ、発音のせいで自分の意図しないように取られてしまうのはいただけないので、最低限伝わる発音を意識する必要はあります。

専門家のような発音知識は必要ありませんが、今回解説した破裂音だったり、「sとsh」の違い、「rとlの違い」など基礎的な部分は積極的に学んでいきたいですね。

基本的な発音のテクニックに関しては順次公開していく予定なので少々お待ちいただければと思います。

それでは!

KOKIのおすすめオンライン英会話『ネイティブキャンプ

7日間無料体験可能!業界最安値!月額6,480円でレッスン受け放題!

ネイティブキャンプを無料体験してみる

こんな記事もいかが?