英会話

知ってた!?「リンキング」と「リダクション」を知ればリスニング力が爆上げする話

映画館

はい、KOKI(@bakaeigo1)です!

「リスニング力がなかなか伸びない…」

そんな悩みを抱えている人に是非知ってもらいたい知識があります!

その名も「リンキング」「リダクション」です!

なんすかそれ…

 

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は英語のリスニングにおいてリンキングとリダクションは基本中の基本。

前に書いた「爆速でリスニング力アップ!英語耳を作るためには〇〇が必須!?」という記事はかなりのアクセスをいただきましたが、リンキングとリダクションの知識があれば音読に匹敵するくらいリスニング力を爆上げすることができるんです!

もちろん発音も良くなるよ

※発音の世界は非常に奥が深いです。この記事ではリンキングとリダクションを知ってもらうことを目的にしているため、専門的で難しい知識については触れていません。ハードルを下げて楽しく学んでいきましょう!




リンキングってなんだ?

簡単に言うとリンキングとは、英語の音が繋がることです。

音が「Link」することですね。

最も分かりやすい例はこれです↓

これはComeの「e」とonの「o」が繋がることで、カムオンが「カモン」に変化しています。

なぜこうなるかと言うと、こっちの方が発音しやすいからです。

むちゃくちゃ単純だった

 

Comeとonだからって「カムオン」と発音する人はいないですよね!

発音しづらいので。

ちなみにリンキングに似た現象はこんな感じで日本語でも起きてます↓

  • 鉄砲→×てつぽう
  • 鉄砲→◯てぽう

 

「なるほど!」と思った方も多いかと思いますが、リンキングのように「より発音しやすくする工夫」はどんな言語でも共通するテクニックなんですね。

これがリンキングだって気づいてる人はほとんどいないけどね…

リンキングを知らないと聞き取れない!

そして重要なのは、「Come on」を「カモン」と発音することを知っていれば、どんなに速く発音されても聞き取ることができることです。

逆に、音がリンキングすることを知らない場合は聞き取れず、2つの単語がくっついて1つの単語に聞こえてしまいます。

 

つまり、音がリンキングすることを理解しない限り、リスニング力はいつまで経っても伸びないということです!

リンキングの法則はこの後解説するよ




リンキングが起こる法則

じゃあリンキングっていつ起こるの?

という話ですが、リンキングはランダムに音が繋がる訳ではなく、しっかりと法則があります。

リンキングが起こる法則
  1. 子音と母音が並ぶとき
  2. 母音と母音が並ぶとき
  3. 子音と子音が並ぶとき
で、母音と子音ってなんだっけ…

 

母音と子音をおさらい

母音と子音を分かりやすく解説するとこんな感じ↓

  • 母音:「アイウエオ」の音
  • 子音:それ以外の音

学校では単語の頭の文字が「アイウエオ」だと冠詞が「a」から「an」になると習いましたね。

それがまさに母音です。

ただ注意して欲しいのは、母音は発音で決まることです。

つまり「a,i,u,e,o(アイウエオ)」だけが母音ではなく、例えば「hour」も「アワー」と発音するのでhourのhは母音になります。

ややこしいな

 

もう1つの母音の捉え方は、唇や舌などがどこにも触れずに音を出すことができるものが母音ということです。

一方、子音は「アイウエオ」以外の音のことで、子音は唇や舌、歯などがどこかに触れることで出せる音になります。

リンキングの例

では実際にリンキングの例を紹介します。

Nice to meet you.
 → Nice to meetyou.(ナイストゥーミーチュー)

I enjoyed it when I studied abroad.
 → I enjoyedit whenI studiedabroad.
(アイ エンジョイディット ウェナイ スダディーダブロード)

I’m afraid of loosing you.
I’mafraidof loosingyou.
(アイムアフレイドブ ルージンギュー)

文字にするとこんなに短い文章でもこんなにリンキングしていることが分かりますね。

そりゃ聞き取れないわけだ…




リダクションとは?

リダクションとは「音が消えること」です。

例えばこんな感じ↓

 

このように誰でも知っている表現でも、このように発音しづらい音が並ぶときは音が消えるんですね。

こんなん分かるか

リダクションの法則

リンキングと同じようにリダクションにも法則があります。

リダクションの法則
  1. 特定の子音と子音が並ぶとき
  2. 破裂音が含まれるとき

先ほどの例で言えば

basketballはtとbという子音が並んでいます。

Good byもdとbという子音が並んでいますね。

しかもこれらのt,b,dという音は全て「トゥッ」「ブッ」「ドゥッ」という破裂音なので、リダクションが起こるというわけです。

破裂音については別の記事で解説してましたね

破裂音で終わる場合

他にも破裂音で終わる場合にもリダクションが起きることがあって

のように、tという破裂音で終わっているので、tの音がリダクションします。




ちなみにget itは「ゲティット」とはならず、なぜか「ゲディッ」のように濁点が入ります。

これは「フラッピング」といって、特定の音が全く異なる発音に変化する現象です。

などが有名なものになります。

waterが「ワーラー」になるのはアメリカ英語だったよね

まとめ:頭で考えず、ひたすら音読

この記事で理解して欲しいことは、あくまで「リンキング」や「リダクション」のように、英語では音が繋がったり消えたり、時には別の音になったりすることがあるということです。

正直これらの知識はかなり奥が深く、ここで全てを紹介しても「なんじゃこれ」状態になってしまい、一気にやる気が失せます。

とにかくハードルを下げることが大事だよね

 

なので、僕がオススメするリンキングとリダクションの習得方法は

  1. 「英語では音が変化する」ということを意識しながら英語を聞く
  2. 「英語では音が変化する」ということを意識しながら英語を読む
  3. とにかくお手本の音声を真似する

これだけです。

 

ぶっちゃけ頭で考えるより、体で学んでいった方が圧倒的に効率がいいです!

そして、どうしても分からない部分だけを調べて知識でカバーしていく。

みんな英語の専門家を目指してるわけじゃないしね

 

ちなみにこの記事を書くにあたって、他の人がどのように解説しているのかを調べてみたのですが、他のサイトは僕的にはどれも詳しく書かれ過ぎていました…

というよりバカの僕にはとてもじゃないけど覚えられそうになかった(汗)

 

でもそこに書かれていることは大体体では理解していて、なぜかというとこれまでに圧倒的な量の英語を聞いて、そして音読してきたからですね。

特に中学の頃に洋楽を歌おうと頑張っていた時期がかなり今に繋がっていると思います。

知識をつけることももちろん大事ですが、体で学ぶ、センスを磨いていくことがより本質的な英語力に繋がると思うので、とにかく英語をアウトプットすることを意識して学習に取り組みましょう!

KOKIのおすすめオンライン英会話『ネイティブキャンプ

7日間無料体験可能!業界最安値!月額6,480円でレッスン受け放題!

ネイティブキャンプを無料体験してみる

こんな記事もいかが?