英語学習法

気付いてる?英会話を続けるには『アレ』が必要です!【バカでも英会話】

考える人

はい、KOKI(@bakaeigo1)です!

「英語を少し話せるようになったけど、会話が続かない…」

という人は悩みを抱える結構多いと思いますが、今回はそれを一発解決する勉強法をご紹介したいと思います!

日本語を勉強するのも会話を続けるコツだったよね
あわせて読みたい
会話が続かない?日本語を勉強すれば英語がペラペラになる話どうも、KOKI(@bakaeigo1)です! 英語が少しずつ話せるようになってくると「会話が続かない!」という壁にぶち当たる人も...

 

結論から言うと、『疑問文が作れないだけ』なんですよね。

(ドキッ)




『疑問文』は会話の基本

以前の記事でも解説したように、そもそも日本語ですら会話が続かない人に英語で会話を続けろと言っても無理な話なので、そういう人はまず先ほどのリンクの記事を読んでみてください。

日本語での会話に特に問題がない人はさっき言ったように、『疑問文を作れないだけ』なので、疑問文を作る練習をすることが必要になってきます。

しかもその疑問文がより具体的であればあるほど、当然会話は濃いものになっていきます。

でも疑問文って難しくない…?

英会話勉強で陥りやすい『落とし穴』

英会話を勉強している人のほとんどは、恐らく「英会話フレーズ集」のような教材を使っていると思います。

そういった教材を使って勉強することはもちろん間違っていないのですが、1つだけ落とし穴があります。

それは『疑問文に特化した教材が少ない』ことです。

た、確かに…!!

 

例えば僕がしつこいくらいオススメしている『DUO 3.0』という教材は、英会話専用ではないものの日常英会話でも頻出する単語がふんだんに盛り込まれているしTOEIC対策もできる神教材ですが、それでも疑問文の数はザッと見て1割程度です。

それからAmazonで「英会話」と検索すると一番最初に表示される「ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100」という教材も、とてもオススメな教材ですが、全体の2〜3割しか疑問文は載っていません。

じゃあどうすれば…

想像力を働かせることから始める

ではどんな教材を使えばいいのか?という話はこの後するとして、まずは『自分が誰とどんな会話をするのか?』ということを想像してみましょう。

(ボンキュッボンな金髪お姉さんと…)

※それは想像ではなく『妄想』です

おそらく日本に住んでいるのであれば英語で会話をする相手というのは限られてくるはずなので、その人と実際に話をすることを想像したときに

  • 自分は相手にどんなことを聞きたいのか?
  • 会話をしていてどんな疑問が浮かぶだろうか?
  • そもそも日本語の会話で普段自分はどんな質問をしているだろうか?

ということをまずは考えましょう。

おっ◯いのサイズ教えて???(クズ)




想像したら書き出して音読

想像すると聞いてみたい質問がたくさん思い浮かんだと思うので、次にそれをノートに日本語で書き出していく作業をします。

思いついたものは全て書き出していきましょう。

想像力が爆発しそうだー!!!!

 

書き出す作業が終わったら、今度はそれを英語に変換していきます。

もう気づいた人もいるかと思いますが、これは以前「最短でペラペラになる方法」と言って解説した『ジャーナリング』という作業です。

これを疑問文でもやっていくわけですね。

あわせて読みたい
jump
最速でペラペラに!ちゃんと準備すれば英語は誰でも話せるようになる話【ジャーナリング】はい、KOKI(@bakaeigo1)です! 「どうやれば最短で英語がペラペラになりますか?」って聞かれることがよくあります。 ...

 

でも英文を作れない人はどうすれば…??

英文はググって作る

英文が作れない人は、そもそも自分で調べる力が圧倒的に不足しています。

今の時代ググればなんでも出てくるので、もし自分の知識だけでは作れない疑問文があるのであれば、勉強がてらググってみてください(笑)

※この記事はあくまで会話を続けるコツを紹介するのが目的なので、英文の作り方はまた別の記事で解説します!

もちろん自分で作れる場合はググらなくてOKですが、間違った文章を覚えてしまうのは危険なので、答え合わせをできる「英辞郎」のような手軽な辞書的なものがあるといいかもしれません。

ちなみに「英辞郎」はアプリもありますが、僕がオススメするのはHandy英辞郎というアプリで、有料なのですが一度ダウンロードしてしまえばネットワークに接続していなくても使えてしまう優れものです。

「Handy英辞郎」は例文検索機能が神!

死ぬほど音読してフィニッシュ

英文を書き終えたら最後は死ぬほど音読をしましょう(笑)

結局それかい…

 

英会話を上達するには結局、『死ぬほど地味な努力を積み重ねる』ことが重要なんですね。

このブログで何度も僕が言っているように、「英語はアウトプットしてなんぼ」なので、音読というアウトプットをひたすら続けて体にフレーズをインプットして、それを実際の会話で更にアウトプットすることが最短でペラペラになる秘訣なのです。

疑問文対策!オススメの教材

では最後に疑問文を作るのにオススメの教材を紹介します。

といっても1つだけですが↓

created by Rinker
ベレ出版
¥1,980
(2021/06/18 03:38:58時点 Amazon調べ-詳細)

またこれかい

※オススメの教材なんてぶっちゃけそこまで多くないので、紹介する教材はほぼ固定で変わりません!

この教材は中身云々というよりは、教材の構成が非常によくできているんですね。

「実際の会話のトレーニングってどうやればいいの?」って部分がピンときていない人には是非とも使ってもらいたい教材で、人気のためシリーズ化していたりします。

中には4〜5倍のお金を出さないと買えないレアなものまであって、人気の高さが伺えます。

前はメ◯カリで6,000円で出品されてたよ




まとめ

今回の内容をまとめると

今回のまとめ
  • 日本語で会話が続かない人はまずは日本語トレーニング
  • 英会話が続かない理由は疑問文を作れないから
  • 疑問文は会話を想像して作る
  • 疑問文ジャーナリングノートを作る
  • 英会話フレーズ集は疑問文が少ない

 

英語をある程度できるようにな人でも、中学生レベルの疑問文をすぐに作れないという人は意外にも多いです。

その理由は当然トレーニング不足なので、まずはジャーナリングノートを作って小さい努力を圧倒的に積み重ねていきましょう!

KOKIオススメのオンライン英会話「ネイティブキャンプ

  • 業界最安値!月額6,480円!
  • レッスン無制限で受け放題!
  • スマホでいつでもどこでも受講可能!
  • 今なら7日間無料キャンペーン実施中!

ネイティブキャンプを7日間無料体験してみる

こんな記事もいかが?