教材紹介

まとめサイトに騙されるな!本当にオススメできる教材を現役英語講師が紹介します!

はい、KOKI(@bakaeigo1)です!

みなさん英語の勉強をするにあたって、こんなことに悩んでいませんか?

英語学習の悩み
  • どんな教材を使えばいいんだろう?
  • どんな英会話教室に通えばいいんだろう?
  • どんな方法で勉強をすればいいんだろう?
これはホント死ぬほど聞かれる

 

で、これらの答えを求めるためにネットで検索をかけると…

「オススメ教材を厳選した!」

みたいなまとめ記事に辿りついた経験がある人も多いと思います。

 

でもぶっちゃけ、多くのまとめ記事に信憑性はゼロなんですね。

な、ナニー!!!!

 

ということで今回の記事では以下の2点について解説します↓

今回の記事で解説すること
  • まとめ記事の信憑性がゼロな理由
  • ド級のバカから英語講師になった僕がガチでオススメする教材を紹介




まとめサイトの信憑性がゼロな理由

ここはこの記事の本質ではないのでサクッと解説します!

まとめサイトが信憑性ゼロな理由
  • まとめサイトは100%営利目的で作られている
  • サイト運営者が実際にサービスを使ったことがないケースが当たり前のようにある
  • サイト運営者は限られたサービス(広告主)の中からしか紹介する商品を選べない
  • 本当にいいサービスでも広告を出稿していないサービスは紹介しない
こんなこと書いちゃって大丈夫なの…!??

 

まとめサイトが利益を生む流れも解説しておくと

まとめサイトが利益を生む流れ
  1. 広告主(サービスを提供する会社)が広告を出稿
  2. サイト運営者が出稿された広告を選び、それをサイト内で紹介
  3. 読者がクリックし成約すると運営者に報酬が入る

こういう仕組みになっています。

 

なので逆に言うと、いくらそのサービスが有益で知名度があったとしても、サービスを提供する会社が広告を出稿していなければまとめサイトにまとめられることは永遠にないのです!

紹介しても利益が出ないサービスを紹介することにメリットはないですからね。

例えば「某なんちゃらラーニング」みたいのように広告を広く出稿していて、尚且つ紹介した時の利益率がいいようなサービスは、みんな紹介したくなりますよね。

だからどのまとめ記事を見ても、どのランキングサイトを見ても同じような教材が紹介されているってことですね。

ネットの闇を見た気分だ…

みんな信頼ある人からの情報が欲しい

こんな感じでまとめサイトやランキングサイトにはほぼ信憑性はないのですが、それを見抜けないと特に優れてもいないサービスにお金を払うことになってしまいます。

そこで信憑性のない”ペラペラなサイト”の見分け方をお伝えしたいと思います。

早くお教えてー!!

 

記事を書いた人やサイトを運営している人は信頼できる人なのか?

これだけです!

最近は情報過多の時代なので、よりクローズドなコミュニティへ人々は移行し始めています。

オンラインサロンのブームもその1つと言えますね。

とにかく個人のブログやYouTubeのように、情報を発信している人に共感できるかどうかを判断基準にしましょう!

で、このサイトは信頼してもいいの…?

僕の場合だと

  • 学歴なしだけど独学で大手航空会社の英語講師をしているという実績
  • バカなりに10年かけて苦労しTOEIC900点を取ったという経験
  • 現在カフェトークにて英語学習コンサルを提供しているという実績
  • 顔出しをしてブログを運営していること
  • ブログの文面から文句なしにバカさが伝わること

などなどがこのブログを読んでくれている人が僕のことを信頼してくれる要素になると思っています。

真性のバカです




オススメの英語教材!

こんな話をした流れで英語教材を紹介しようとするのは本当のバカですが、ここはかなり自信があるのであえて紹介させてください!

僕は皆さんに本当に英語力を磨いて欲しいと思っているので(その証拠に、会社で自発的に無給で英語を教えるという活動を2年ほどやったという実績もあります!)、さっき書いたような広告主うんぬんの話とか一切抜きで、本当にオススメできる教材のみをご紹介したいと思います!

信憑性100%でいきますよー!!

オススメの書籍

DUO3.0

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320
(2021/09/23 04:53:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320
(2021/09/23 04:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

TOEIC600点以上を目指したい人は必ずやるべき一冊!有名過ぎてどこにでも売ってます!買うなら必ずCDとセットで!

僕はこれをやったおかげてTOEICのスコアが爆上げしました!日常生活で使える表現も入っているのでTOEIC対策以外にも使えます!

基本の78パターンで英会話フレーズ800

created by Rinker
¥891
(2021/09/23 04:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

英語が喋れるようになるファーストステップとしてこの本はかなりオススメ!色々なフレーズ本がある中でも、この本ほど実際の会話で使用頻度が高く、しかも使えるフレーズが入っている本はなかなかありません!

簡単なフレーズがほとんどなので、気軽に実践で使えるのがポイントです!

どんどん話すための瞬間英会話トレーニング

created by Rinker
ベレ出版
¥1,980
(2021/09/23 04:53:24時点 Amazon調べ-詳細)

この本も超が付くほどに有名な本です!

英語の勉強って結局はアウトプットトレーニングをいかにこなしたか?に大きく左右されます。

なぜかと言うと、フレーズを覚えても実践で使えないということが当たり前に起こるからです。それを防ぐためにも頭で考えて話すのではなく、日頃から瞬間的に英語が出てくるようなトレーニングをしましょう!

JapanTimes(英字新聞)

このブログでは何度も「ジャパンタイムズ神!」なんて書いてきましたが(笑)、ジャパンタイムズの最大のメリットは、英語学習を習慣化しやすいことです。

しかも週刊紙なので、気合いを入れてガッツリ読まなくても、一週間かけてのんびりと読むことができるので、英語学習のハードルもグッと下がります。

TOEIC的な目線で見ると、Part7の長文問題へのもっとも効率的な対策法である「多読」を嫌でも実践できるので、僕の生徒さんにも英字新聞の購読は強くオススメしています!

The Japan Times Alpha

あわせて読みたい
【英語を習慣に】英字新聞『ジャパンタイムズ』を活用しよう!コスパ最強!英語学習を習慣にするには英字新聞の『ジャパンタイムズ』がオススメです!オススメの活用法や英語学習を習慣化するコツなどを解説しています!...

TOEIC公式問題集

これを買わずして何を買うの??ってくらいに絶対に買うべき教材!

答えを覚えるまでやり込めば爆速でスコアは上がります。ポイントは最新版を買うことで、TOEICの出題傾向を把握でき、対策しやすくなるというメリットがありますよ。

「公式問題集なくしてTOEIC対策はなし!」と言っても過言ではないです。

1億人の英文法

文法なんてやる必要ない!って過去には僕も思ってましたが、これを読んで考えが変わりました。これも超有名教材なのでどの本屋にも平積みにされて置いてあります。

少し英語の解釈に困ったりした時にだとさっと取り出したい、手元に一冊置いておきたい系の一冊です。




キク英文法

created by Rinker
¥1,760
(2021/09/23 04:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

「迷ったらとりあえずコレ買っとけ」的な文法本。

ぶっちゃけ文法をまともにやろうとするとほぼ全員が挫折します。

なので音で文法をインプットすればハードルも下がるし記憶にも残りやすい。正直英語の専門家になろうとする人以外、この一冊があれば他の文法本なんて買う必要はありません!

ネイティブキャンプ

このブログでも頻繁に紹介しているオンライン英会話。

というか、ネイティブキャンプ以外のオンライン英会話は紹介してません。

だってこれ以上にいいサービスが他にはないから…(笑)

月額6,400円で授業受け放題。しかもいつでもどこでも受講ができる英会話スクールなんて地球上どこを探してもネイティブキャンプだけです。(おまけに受講コースもめちゃくちゃ豊富!)

しかも7日間は無料トライアルができるので、登録しない理由が見当たりません。

僕もここ2年ほどずっとお世話になってます!

ネイティブキャンプ

さいごに

英語を学習していく上で大切なことは以下の3つ。

大切なこと3つ
  • 正しい勉強法で学習すること
  • 正しい教材で学習すること
  • 正しい勉強法・教材を使った勉強を継続させること

特に最後の項目が大事で、結局は正しい手段を手に入れても継続をしないと意味がありません。

 

「バカ英語」では、正しい英語の勉強法、本当に役立つ教材、そして勉強を継続させるコツなどを色々なカタチでご紹介しています。

先ほど少し紹介したように、僕は10年間バカなりに苦労して英語講師になれるまで英語のスキルを磨いてきました。

正直うまくいかなかったことの方が多いです…

 

「今思えばこうしておけばよかったなぁ…」と思うことだらけで、皆さんには僕と同じ思いをして欲しくないし、ぶっちゃけ、英語なんてもっとラクに、しかも楽しく身につけることができると思ってます。

英語は難しい!英語は勉強だ!正しい英語を話さないとダメだ!

みたいな雰囲気があるからみんな立ち止まってしまうだけで、そこの雰囲気や先入観さ変えることができれば英語ってもっと身近なものになるはずなんです。

なので「バカ英語」を使って、英語学習のハードルをとことん下げること、英語の勉強を皆さんにもっとエンジョイしてもらうことが僕の当面の目標です。

長くなりましたが、これからも「バカ英語」をよろしくお願いします!

真面目な喋りをするとなんか気持ち悪いね